むし歯は自然に治るってホント??

皆様こんにちは、にしい歯科クリニック院長の西井遼太郎です。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言も解除され、少しづつ日常生活が戻ってきました。

当院でも、引き続き感染対策を行いながら、通常診療を再開しております。

お口のことでお困りの際は、一度お越しください。

f:id:nishiishika:20200501125121j:plain

さて今回は、むし歯は自然に治るってホント??というお話をさせていただきます。

「むし歯は自然に治ることがある・・・」という話を聞いたことのある人もいるかもしれません。実はこの話は本当です。でも、どんなむし歯でも自然に治るかと言うと、残念ながらそうではありません。

 

f:id:nishiishika:20200501125029j:plain

自然に治るむし歯は「初期むし歯」

自然に治ることがあるむし歯は、むし歯のかかり始め、つまり「初期むし歯」と呼ばれるものです。この状態は、歯の表面のカルシウムなどが溶け出して歯のエナメル質の表面が白く濁ってきている状態であり、まだ穴は空いていません。この段階は、いわばむし歯のグレーゾーンともいえる状態であり、実はまだ本格的なむし歯ではありません。

一方、穴が空いている状態や、エナメル質を超えて奥の象牙質に進んでしまったむし歯というのは、自然になることはありません。

 

f:id:nishiishika:20200227164923j:plain

初期むし歯を本格的にむし歯にさせない方法

①間食を控えましょう

間食はむし歯リスクを高めますので、極力控えるのが一番ですが、お子さんなどでおやつを食べる必要がある場合は、時間を決めて食べる、お口に長く糖分が残るものを避ける、などに気をつけましょう。

f:id:nishiishika:20200609174359j:plain

②歯みがきをしっかりと行いましょう

歯みがきは1日に3回、特に夜間はむし歯リスクが高まるため、夜寝る前は丁寧に行うようにしましょう。もちろん初期むし歯のところは重点的に行いましょう。

f:id:nishiishika:20200131191142j:plain

③フッ素を活用しましょう

フッ素は歯を強くしてくれます。家庭での歯みがきの際にはフッ素配合の歯磨き粉を使用し、歯科医院でも定期的に高濃度のフッ素塗布を行うことをお勧めします。

f:id:nishiishika:20200118125535j:plain

 

初期むし歯かどうかを判断するには

初期むし歯かどうかは、目で見る診断、器具による触診、レントゲンによる診断、専用の機器を使った診断を組み合わせて判断します。

当院では、最新型の虫歯判別装置ダイアグノデントペンを設置しております。ダイアグノデントペンは、歯面に655nm のレーザー光を照射することで起こる蛍光反射を測定し隠れたむし歯を検出します。むし歯の程度を数値で判断できるので、早期発見早期予防・早期発見早期治療を行うことができるのです。

f:id:nishiishika:20200609174618j:plain

むし歯が気になる方は、ぜひ受診してくださいね。

 

にしい歯科クリニックは、大阪市中央区東高麗橋天満橋駅と北浜駅のちょうど真ん中あたり)にあります。

平日は21時まで診療しています。

お口の中のどの様なお悩みもお気軽に相談してくださいね。

 

nishii-shika.com

緊急事態宣言に伴う診療日変更のお知らせ

緊急事態宣言の延長を受け、引き続き規模を縮小しての診療をさせていただきます。

 

5/14(木)

5/21(木)

5/28(木)

 

休診させていただきます。

 

患者様には大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。
感染拡大防止のため何卒ご理解・ご協力を宜しくお願い致します。

にしい歯科クリニック 西井遼太郎

nishii-shika.com

お口の機能の低下 オーラルフレイルについて

皆さんこんにちは。にしい歯科クリニック院長の西井遼太郎です。

新型コロナウイルスがいまだに猛威を振るっています。

当院では、新型コロナウイルスを含めた様々な感染症に対して、最善の予防策を講じております。

徹底した検温、厚生労働省の定める感染防御具の着用、交換、環境消毒および換気の徹底、スタッフの健康管理の徹底、患者さま同士の濃厚接触の可能性を防ぐための対策を講じております。

f:id:nishiishika:20200501125029j:plain

そのため、予約等も若干取りにくくなっております。ご不便な点もあるかと存じますが、感染防止のためにどうぞご協力よろしくお願いいたします。

 

今回はお口の機能の低下、オーラルフレイルについてお話ししたいと思います。

オーラルフレイルとは、お口の老化のサインで、「噛む」、「飲み込む」、「話す」という機能が衰えることです。オーラルフレイルが起こると、「食べる」機能が低下しますので、栄養状態が悪くなりがちです。また、滑舌も悪くなるので、なんとなく人に会うのも億劫になってしまい家に閉じこもってしまいがちになります。このようなことが、さらに老化に拍車をかけてしまうことになります。

f:id:nishiishika:20200501125055j:plain


 

オーラルフレイルの危険性がある症状

①食事中、食べこぼすことが増えてきた

②硬いものが噛みづらくなってきた

③食事中にむせることが多くなってきた

④滑舌が悪くなってきた

⑤体重が減ってきた

⑥家にこもりがちになってきた

⑦よく噛めない状態を放置している

 

f:id:nishiishika:20200501125227j:plain

このような症状に当てはまる項目が多いほど、オーラルフレイルの危険性があります。

では、どうすればよいのでしょうか。

オーラルフレイルは食い止めることが可能です。ぜひ次のことに注意してみてください。

①よく噛む、話すことで、口周囲の筋肉が鍛えられます。

②歯みがき、入れ歯の手入れをきちんと行い、健康なお口を保つことも大事です。

③定期的に歯科で検診を受け、早期発見、早期治療を心がけましょう。

 

f:id:nishiishika:20200501125121j:plain

オーラルフレイルを防ぐには、意識してお口の機能を働かせること、そして歯の健康を守るため、毎日のお手入れや検診を欠かさないことが大事です。ぜひ意識してみてください。

 

にしい歯科クリニックは、大阪市中央区東高麗橋天満橋駅と北浜駅のちょうど真ん中あたり)にあります。

平日は21時まで診療しています。

お口の中のどの様なお悩みもお気軽に相談してくださいね。

nishii-shika.com

新型コロナウイルスの感染予防対策について

皆様こんにちは。にしい歯科クリニック院長の西井遼太郎です。

大阪でも新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言が発令されました。

当院では、新型コロナウイルスを含めた様々な感染症に対して、最善の注意を払い予防策を講じておりますので、今回はそのことについてお話ししたいと思います。

 

f:id:nishiishika:20200410124413j:plain

厚生労働省の定める感染防御具の着用、交換を徹底しております。

厚生労働省の定める基準に基づき、個人防護具(サージカルマスク・手袋・ガウンなど)の着用を徹底しております。また、患者さま毎に取り換えを行い、着脱時の感染対策や使用後の適切な処理についても徹底しています。

f:id:nishiishika:20200204111908j:plain

 

②手洗いおよび、手指消毒を徹底しております。

患者さまと接する際の手指消毒、個人防護具の着脱前後の消毒、など

さまざまな状況で手指消毒を徹底しております。

f:id:nishiishika:20200327115949j:plain

 

③環境消毒を徹底しております。

患者さまの触れる可能性のあるすべての箇所の消毒、滅菌可能なすべての器具の滅菌、滅菌が難しい器具の場合も消毒を徹底しております。また、消毒作業を行うスタッフも個人防護具の着用を行い、使用した防護具などは適切な処理を行っております。

f:id:nishiishika:20200410124455j:plain

 

④換気を徹底しております。

診療時間内は1時間に1回以上の換気を徹底しています。

また、診療開始前や診療後も換気を行っています。

 

f:id:nishiishika:20200410124653j:plain

⑤口腔外バキュームを使用しております。

口腔外バキュームによる治療時における飛散防止に努めております。

 

⑥スタッフの健康管理を徹底しております。

出勤前の「検温」を含め、ご家族の方の健康状態のヒアリング、少しでも体調に変化があった場合の出勤自粛など、健康管理に努めています。

 

f:id:nishiishika:20200410124838j:plain

皆様不安な気持ちでいっぱいではないかと思います。

一人一人が今できることを行い、新型コロナウイルスに立ち向かっていきましょう。

 

にしい歯科クリニックは、大阪市中央区東高麗橋天満橋駅と北浜駅のちょうど真ん中あたり)にあります。

平日は21時まで診療しています。

お口の中のどの様なお悩みもお気軽に相談してくださいね。

nishii-shika.com

緊急事態宣言に伴う診療日変更のお知らせ

今回の政府による緊急事態宣言を受け、新型コロナウィルス感染拡大防止を目的とした当院での診療体制と患者さんへのお願いを下記のとおりご案内させていただきます。

 

4月16日(木)

4月23日(木)

4月30日(木)

休診させていただきます。

 

また、感染拡大の予防の観点から、なるべく一度にたくさんの患者様が密になるような状況を避けるべく、診療の枠を一部制限いたします。

それに伴いスタッフの一部出勤も停止の措置となるため、既存の患者様含め予約がとりづらいことがあると思いますが、何卒ご理解の上、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

もちろん急なお痛み、つめものがとれたなど急患対応は随時行って参ります。

まだまだコロナウィルスによる影響、被害は続くと思いますが、そんな中、我々にできることは微力ではありますが、最大限の努力をしてまいりますのでよろしくお願い致します。

にしい歯科クリニック

nishii-shika.com

歯周病の治療ってどうして何度もかかるの?

皆さんこんにちは。にしい歯科クリニック院長の西井遼太郎です。

新型コロナウイルスが猛威を振るっていますね。当院では、以前より院内の感染予防対策を徹底していますので、安心して治療に来ていただけたらと思います。

 

f:id:nishiishika:20200327115949j:plain

今回は、歯周病の治療の際に皆さんがよく感じられる、「どうして歯周病の治療は何度もかかるの?」という疑問点についてご紹介していきたいと思います。

 

f:id:nishiishika:20200327120058j:plain

歯周病の治療は「歯垢、歯石の除去」がメイン

歯周病の治療は歯垢や歯石を除去することが主になっています。それは、「歯垢」のなかに含まれている歯周病菌が原因となり歯周病を引き起こしているのと、歯垢が唾液中のミネラルで硬くなった状態「歯石」も歯周病を悪化させる原因になっているからです。では、歯垢や歯石はなぜ一気に取れないのでしょうか?

 

f:id:nishiishika:20200227164923j:plain

歯ぐきの炎症を徐々に落ち着かせる必要がある

歯周病になって、歯ぐきが赤く腫れて敏感な状態の時に一気に取ろうとしても、歯ぐきが敏感なので痛みが強くなります。また無理に行うと、歯ぐきの炎症がひどくなって大きく腫れてしまうことがあります。それゆえ、最悪の状況を避けるために歯ぐきの状態を見ながら、段階的に歯垢や歯石を落としていく必要があります。

 

f:id:nishiishika:20200118125535j:plain

知覚過敏が起こることがあるため

歯の周囲をきれいにすると、歯ぐきが引き締まり、知覚過敏を起こすことがあります。一気に歯石取りを行うと、お口のあちこちでしみる症状が出る恐れがあるため、やはり慎重に行う必要があります。

 

歯垢や歯石がたまりにくくすることが一番重要

クリニックに通って歯垢や歯石を取ることも大切ですが、一番重要なのは、患者さんが日常生活で正しいお口のケアを行うことです。歯ブラシの回数、当て方、デンタルフロスを使用することで、良い状態を保つことができます。まずは正しいお口のケアの方法をお伝えさせてもらって、それが継続してできているかチェックさせてもらいます。

 

f:id:nishiishika:20200131191142j:plain

歯周病の治療回数は、軽症の場合、歯垢や歯石が少ない場合には少ない回数で終わらせられますので、定期的なクリーニングをお勧めします。

 

f:id:nishiishika:20191108164001j:plain

にしい歯科クリニックは、大阪市中央区東高麗橋天満橋駅と北浜駅のちょうど真ん中あたり)にあります。

平日は21時まで診療しています。

お口の中のどの様なお悩みもお気軽に相談してくださいね。

 

nishii-shika.com

キシリトールガムとは? 

皆さんこんにちは。にしい歯科クリニック院長の西井遼太郎です。

二月も終わりに差し掛かり、もう少しすれば春が訪れますね。

今回はキシリトールガムについてお話していきますね。

 

f:id:nishiishika:20200227164625j:plain



キシリトールガムは、スーパーやコンビニでよく見かけると思います。

何となく「歯にいい」「虫歯を防ぐ」というイメージを持たれている方も多いと思います。しかし、効果的な利用方法や注意点などについては、あまり知られていないことが多いです。今回はキシリトールガムについて詳しくお話ししていきたいと思います。

 

f:id:nishiishika:20200227164750j:plain

キシリトールとは?

キシリトールとは、シラカバやトウモロコシの芯から採れるキシラン・ヘミセルロースという物質を原料にした天然の甘味料です。

キシリトールは、砂糖と同じ甘味度を持っています。また、カロリーは砂糖の75%です。キシリトールは溶ける時に熱を奪うので、口に含むとスーッとした冷たい感覚があります。そのひんやりとした感覚とミントの味の相性の良さから、キシリトールガムはミント味が多く見られます。また、果物の味をより新鮮にする効果や、苦味を消す効果もあります。

 

f:id:nishiishika:20200227165005j:plain

キシリトールの効果について

キシリトールは、むし歯の原因になりません。むし歯菌のエサにならないので、むし歯菌たちは弱ります。 そして、エサが無いので「酸」もできません。また、むし歯菌の活動を弱める働きも持っています。むし歯の原因となる歯垢が付きにくくなるだけでなく、歯の再石灰化を促し、歯を固くします。

f:id:nishiishika:20200227164923j:plain


 

どのようなキシリトールガムを選べばよいか

キシリトールガムを選ぶうえで重要なのは、キシリトール含有割合です。スーパーやコンビニなどでよく見かけるキシリトール入りと書いたガムの多くは甘味料のうちキシリトールが占める割合が50%以下のものが多く、あまり効果的とは言えません。

歯科医院で入手できる医療機関専売のものは、キシリトール含有割合が90%以上のものがほとんどで、虫歯予防の効果が強く期待できます。

 

f:id:nishiishika:20200227165119j:plain

効果的な摂り方

一日3回、1粒ずつを毎食後に噛むとよいです。5分以上は噛んで下さい。なるべく長時間噛んでください。味が薄くなってもできるだけ長い時間噛み続けましょう。むし歯になりやすい方は、1日5回、毎食後と間食後、おやすみ前に1粒を噛むことをおすすめします。

 

虫歯予防の効果があらわれるのは

キシリトールを食べると、2週間で歯垢が減りはじめ、3ヶ月ほど経つとむし歯になりにくくなります。でも、その後すぐにやめてしまうとしばらくして再びむし歯菌が増え始め、むし歯になる危険性も高くなってしまいます。効果を実感するために継続的に食べましょう。

f:id:nishiishika:20200227165225j:plain

 

食べ過ぎないでください

キシリトールの副作用としてお腹がゆるくなることです。

食べ過ぎると下痢をしやすくなりますので注意してください。特に小さなお子さんに食べさせるときは注意してください。

 

キシリトールは万全ではない

キシリトールはむし歯予防に効果的ではありますが、ブラッシングをすることが虫歯予防の基本中の基本です。歯を磨いた後で食べてもいい唯一の食品ですので、磨いた後に何か甘いものが食べたいとか眠気覚ましなどで噛みたい時には、キシリトールガムを取り入れましょう。

 

f:id:nishiishika:20200118125512j:plain

当院では歯科専売のキシリトール製品を取り扱っておりますので、ぜひ活用してみてください。

 

にしい歯科クリニックは、大阪市中央区東高麗橋天満橋駅と北浜駅のちょうど真ん中あたり)にあります。

平日は21時まで診療しています。

お口の中のどの様なお悩みもお気軽に相談してくださいね。

nishii-shika.com